屋根塗装

■劣化が深刻になる前に屋根の塗り替えを

屋根は、日々雨風や紫外線によってダメージを受けています。
外壁と違い、直接受けるため、塗装の効果が切れてしまえば、劣化の進行度は速くなります。

数年で屋根材の反りやめくれ、ひび割れが発生することもあるので、十分注意を。
屋根は高い場所にあり、ご自身で確認されるのが難しい箇所なので、外壁にひび割れや塗膜の剥がれが見られるようになれば、一度当社に点検をご依頼ください。

塗装工事では、塗料の塗り替えはもちろん、傷んだ下地の補修作業も行います。
定期的に塗り替えを行うことで、傷みを進行させることなく、小規模のうちに食い止めることが可能。
表面からは見えない部分こそ丁寧に行い、大切なお住まいを守ります。

■塗料選びのポイント

塗料選びは、お住まいを守るための重要なポイント。
大切なのは、お住まいに合っているかどうかです。
近年では、断熱・遮熱などの暮らしに役立つ機能を兼ね備えたものもございますので、ご要望に合わせたご提案が可能です。

○断熱塗料
太陽光からの熱源を塗膜に溜め込む機能を持った塗料です。

○遮熱塗料
太陽の近赤外線を反射することで、室内の温度上昇を防ぎます。

○低汚染型塗料
親水性のある塗料を使用することで、塗膜面に雨水が膜を形成し、汚れが付着するのを防ぎます。

○光触媒塗料
光を照射することで有機物を分解し、防カビ・抗菌・排気ガスによる汚染防止やホルムアルデヒド分解などの効果を発揮します。

○結露防止塗料
吸水性・断熱性を持つ塗膜を形成することで、結露の発生を防止します。

一覧ページに戻る