外壁塗装

■外壁塗装の役割

外壁を美しく塗り替えるだけが、外壁塗装の役割だと思ってる方もいらっしゃるでしょう。
外壁塗装の本来の目的は、雨や紫外線からお住まいを守ること。
塗膜で外壁表面をコーティングすることで、外壁に水分が染み込んだり、紫外線によるダメージで劣化するのを防いでくれます。

塗り替えサイクルは、立地環境や塗料の種類、外壁材によっても異なりますが、10年ごとが目安。
塗装の効果が切れた外壁をそのままにしておくと、外壁材の劣化を早めたり、最悪の場合、雨漏りにつながってしまうこともありますので、十分ご注意ください。

○外装材の保護
もし、外壁を守るものがなかったら、雨や湿気、紫外線などによるダメージがそのまま直撃してしまいます。
定期的に塗り替えを行うことで外壁材を長持ちさせましょう。

○機能性をプラス
防カビ・防汚・抗菌など、様々な機能性を持つ塗料があります。
中でも、遮熱・断熱性を持つ塗料は人気を集めています。
冬は熱を逃がさず、夏は断熱により冷房効果を高めることで、室内環境をしっかり整えます。

○外観の整え
経年劣化した外壁や屋根は、汚れが目立ったり、カビやひび割れが見られることも。
塗装工事では下地の補修から行いますので、老朽化した外観が新築時のように甦ります。

またイメージを一新すれば、近隣の方にも自慢できる素敵な外観に早変わりいたします。

■外壁塗装の種類

○アクリル塗装 【塗料グレード:★★☆☆☆】
「アクリル系樹脂」を主成分とする塗料。
高温でも変色しにくく、独特のツヤ感と滑らかさを演出することができますが、耐用年数は短く、定期的に塗り替えを行う必要があります。

○ウレタン塗装 【塗料グレード:★★★☆☆】
「ウレタン系樹脂」を主成分とする塗料。
塗膜が柔らかく密着性に優れており、細かい箇所の塗装にもピッタリ。
価格・耐久性・機能性のバランスが良いことから万能塗料と言われています。

○シリコン塗装 【塗料グレード:★★★★☆】
「シリコン系樹脂」を主成分とする塗料。
アクリル塗料やウレタン塗料と比べても、耐久面・防水面に優れています。
品質に対してコストパフォーマンスが良く、光沢保持率も優れているため、美しさが長持ちいたします。

○フッ素塗装 【塗料グレード:★★★★★】
「フッ素系樹脂」を主成分とする塗料。
価格は少し高額になりますが、その分、様々な機能を持ち合わせた優れた耐久性が実現。
有名なところでは、東京スカイツリーの鉄骨塗装に採用されるなど、高い評価を得ており、近年では屋根を中心にフッソ塗料を選ばれるお住まいが増えてきています。

○セラミック塗装 【塗料グレード:★★★★★】
陶磁器などの焼き物の原料である、「セラミック」を成分とした塗料。
セラミックの特徴である耐熱性・耐侯性・耐久性・防汚性を引き継いでおり、塗料によっては20年ほどの耐用年数が期待できます。
値段は高額ですが、その分、塗り替えの頻度を大きく減らすことが可能です。

一覧ページに戻る