施工事例

八王子市 S様邸 外部塗装工事

こんにちは!

井上塗装 代表の井上将司です。

約半年ぶりの投稿になってしましましたが、井上塗装は絶賛稼働中です。

少しずつ、コロナウイルスの感染者数も減ってきました。

一時期はどうなる事かと思いましたが人間の対応力は生物の中でもトップクラスですね。

もう一息と言った所でしょうか、、、

また、昨日は大きな地震があり、八王子も揺れました。

約10年前の東北大震災の余震として向こう10年は安心出来ないそうです。

暗いニュースばかりですが本日、日経平均株価が3万円台をつけ歴史的な1日ともなっております。

景気が上がってきている実感はほとんどありませんし、バブルも経験していない世代の私は全くもってよく分かりません。

前置きが長くなってしまいましたが、今年は、コロナ終息、東京オリンピックによる経済回復と皆さんにとって良いニュースが多くなることを切に願うばかりです。

 

さて今回の施工事例は上部モルタル壁、下部サイディング壁の大きな一軒家です。

最近よく耳にする、中古物件の内外部フルリノベーションをお考えの中で外部に関するご相談を頂きました。

とても喜ばしいことに、7社のお見積もりの中から弊社をご指名頂きました。

 

まず、屋根のリフォームですが屋根のクラックがかなり多い事もあり近年価格もお手頃になりつつあるガルバニウムにするか、塗装にするかでお悩み中でした。

ご要望はガルバニウムでしたが、今回は内装工事もありましたのでご予算の関係上、次回の塗り替え時期にガルバニウムの施工を延期し塗装工事で様子を見る形に落ち着きました。

 

という事で、外壁の次回の塗り替え時期と屋根の耐用年数を揃えるように材料選定させて頂きました。

中古物件ということで、外壁はモルタル部の下地補修からサイディング部のシールの打ち替えと止水処理を入念に行い、塗装させて頂きました。

途中途中、色の変更やポイントで差し色を入れたりとお客様のこだわりを感じましたので、お気に召すよう打ち合わせやサンプル提供等のコミュニケーションをしっかりと意識して施工させて頂きました。

 

 

その結果、少しお時間を頂きましたがとてもご満足頂き、私としても嬉しい限りで御座いました。

 

引き続き、金額面やお色のご相談その他内装等、お客様がご相談しやすい環境づくりを心がけて、トータルでお客様のご要望を叶えられるよう努めて参りますので今後ともよろしくお願い致します。

 

沢山のお見積もりから弊社をご指定頂き誠に有難う御座いました。

 

 


調布市 S様邸屋根・外壁塗装工事

こんにちは!

井上塗装 代表の井上 将司です。

このような世相の中ですが皆さん如何お過ごしでしょうか?

井上塗装は世相に負けず、新しい仕事のやり方を模索しながら日々奮闘中で御座います。

今年の4月ごろから世間は本格的にコロナ禍に入りご自宅で過ごすことも多くなり、普段よりお時間に余裕が出来たせいかお問い合わせが増加致しました。

が、しかし5月6月になり実際に施工するとなるとそれなりの金額になりますので先行き不安の中、実際の施工までは至らず、また他人(職人)が自宅に約2週間ほど毎日お伺いする事にもなりますのでやはり警戒心の方が強く(当たり前ですが)「何も今やらなくてもいいのではないか。」と言ったご意見を頂く事が多かったように思います。

そして7月に入ると天候に悩まされ、なんとたった2日しか晴れてくれなかったので、もどかしい日々を過ごし、工期もかなり遅れてご迷惑をお掛けしてしまいました。その後遅れた分を取り戻す為に急に忙しくなったのは嬉しい限りですが、連日35度を超える猛暑、猛暑、猛暑!!!
例年は6、7月辺りから天候とともに徐々に体が慣れてくるのですが、今年はいきなりの猛暑でしたので首の後ろの部分が火傷のような状態になってしまいました。

 

つくづくコロナと共に自然の脅威を身に染みて感じました。

 

やはり、今年は何かが違うように思える毎日でした。

 

だからこそ、自分達も変わる必要があると思い、今できる事をひたむきにやって行こうと顔を上げて前を向いて邁進していく所存で御座いますので、何卒、宜しくお願い致します。

 

さて、長くなってしまいましたが今回は調布市のS様邸の施工事例で御座います。

ご主人、奥様共にアーティスティックなご職業の為、色合いや全体のバランスにすごく気を使わせて頂きました。以前はアパートとして使われていた為、なかなか塗りごたえのある建物でした。施工途中では色変更等ありましたが、最終的にはかなり気に入って頂いたようで弊社と致しましても嬉しい限りで御座います。

まずは施工前のお写真になります。

 

全体的にチョーキングがあり、クラック等もありました。

雨戸もかなり日に焼けていましたし鉄部からは少し錆もでてきていました。

屋根の写真を撮り忘れてしまってのですが今回は屋根のアンテナも撤去したいとのご要望でしたのでサンダーでカットして撤去させて頂きました。

屋根・壁、鉄部、雨樋ともに2液の溶剤のシリコン塗料を使用させて頂きました。

 

そして、施工後になります。

かなり印象が変わりました。お仕事でアートに関わっているだけあって色味のセンスもいいですね!

S様にも「色を変えるだけで、こんなにもオシャレで可愛くなものなんですね。」と言って頂きS様、弊社共に大満足の仕上がりでした。

 

多少の臭気は出ますが、2液の溶剤のシリコン塗料ですので水性塗料よりも長持ちしてくれると思います。

 

やはりお客様に喜んでいただけると、とても嬉しいです。

 

こんなご時世ですが、皆様もどうか御自愛くださいませ。


八王子市 K様邸屋根・外壁塗装及び雨樋交換工事

こんにちは!

井上塗装 代表の井上 将司です。

8月以来久しぶりの更新になってしまいました。
9月、10月と台風やらなんやらでかなり雨が多かった気もしますが、ここに来てやっと少し落ち着いてきましたね。
ただ、急に気温が下がってきてもう冬が近い気がします。

最近は朝晩とかなり寒いです。

皆さんも体をご自愛ください。

さて、今回は八王子市内の一戸建てですが1年ほど前から急に室内の湿度が高くなり、湿度が落ちないという現象が起こり始めたみたいです。
そのせいで室内にカビが発生したり、壁紙が剥がれたりと色々と問題が発生したようです。
まずは外装から直していこうとゆう事で、お問い合わせいただきました。

外壁、屋根の塗り替えと共に雨樋交換工事も承らせて頂きました。

まずは施工前です。

屋根は板金がサビサビでコロニアルもかなり痛んでいます。

外壁もサッシ際のシールが割れていたり雨樋が開いていたりしていました。

また、バルコニーの床がボロボロで、天窓も割れていました。

 

そして施工後になります。

 

お客様のご依頼により、遮熱塗料を使用させて頂きました。

これで屋根裏の高温対策もバッチリです。

また今回は雨樋が開いてしまっていたので火災保険を使って直していくとの事でしたので、雨樋が開いた原因は雪の重みだと思われますので全面に雪止めを新設させて頂きました。

 

外壁はサッシ周りのシールから鉄部までしっかりと塗装させて頂きました。

そして雨樋も交換して綺麗になりました。

バルコニーの床も新品と交換して、天窓のガラスも新品と交換です。

何十年も手を掛けていなかった事もあり、破損箇所も多く劣化も著しかったですが、今回の工事で見違えるほどに綺麗になりました。

内部の湿気もなくなったようで、工事をしてよかったとおっしゃってくださいました。

雨も多く少し時間が掛かってしまいましたが、施工前に気なっていた問題点が施工後に解決したという事で良かったです。

 

お客様にも満足して頂き、お客様アンケートにもお答え頂き誠にありがとうございました。

「やって良かった」というお言葉が何よりも励みになりました。

ありがとうございました。


八王子市 玄関ドア塗装

こんにちは!

少しづつ日も短くなり秋の気配を感じてきました。
が、今日も暑すぎて軽い熱中症と先週からの夏風邪に悩まされている

井上塗装 代表の井上将司です。

10月には増税も迫ってきて、最近お問い合わせを頂く事が少しだけ増えてきました。
やはり、金額が大きくなればなるほど2割という割合の金額が大きくなってきます。

もし塗り替えをお考えの方はぜひご一報下さいませ。

 

さて、今回は八王子市のワンルーム賃貸マンションの個人オーナー様からの直接のお問い合わせを頂き退室修繕の玄関ドアの塗装をさせて頂きました。

サビや、生活汚れで大分汚れていました。

まず始めに、サビ落としとホコリや油汚れの掃除をしていきます。(ケレン作業)

そして錆止め塗料を塗っていきます。

よく乾かしてから上塗りです。今回はとにかく金額を抑えてほしいというご要望があったので価格と性能のバランスがいいウレタン塗料で2回塗り仕上げで塗装させて頂きました。

本当は錆止め→中塗り→上塗りの3回塗りが望ましいのですが内部のみという事と塗装の厚みで建てつけ(ドアの開き)が悪くなってしまわないようにという事、それと金額面の事という3つの理由から2回塗り仕上げになりました。

これもお客様としっかりと打ち合わせをさせて頂いた結果だと思っております。

 

今回はオーナー様のお住まいが遠方ということで直接会ってご挨拶する事が出来なかったのでメールや電話でのやり取りで完工させて頂いたのですが、勿論ご満足と感謝のメールを頂きました。

 

ご依頼有難うございました。


日野市 Sマンション 外壁塗装

こんにちは!

井上塗装 代表の井上 将司です。

とうとう東京も梅雨に入り、先週末には夏至を迎えました。

早いもので1年の半分がもう終わってしまいますね。今年の前半線を振り返り後半戦に活かしていきたいと思う今日この頃です。

 

さて梅雨の時期は僕らのようなペンキ屋さんには辛い時期です。予定が狂ったり、急な雨によって塗ったペンキが流されたりなんて話も聞きます。この時期は無理は禁物ですね。

 

先日、タイルが剥がれたところの補修に行ってきました。

基本は新築の時に多めにタイルを焼いてもらい補修の時にそのタイルを使って補修するんですが、今回の場合、建物のほんの2平米くらいしかタイルの場所がなく補修もほんの少し部分だけでした。さらに、建物がかなり古く新築時のタイルが見当たらないということもありこの様な補修を選ばせて頂きました。

内容としましては左官屋さんにタイルっぽい下地を作ってもらい、その上からペンキで色をつけるという感じです。

 

まずは左官屋さんに作ってもらった下地です。

うまいですよね!この時点でもうタイルっぽいです。

そして施行中写真です。

そして、施工完了写真です。

もう何処を直したか分からないくらいになりました。

お客様にも満足して頂き良かったです。

 

たまにこんな仕事もしている、井上塗装でした。


八王子市 Nマンション 天井塗装

こんにちは!

井上塗装 代表の井上 将司です。

先週くらいから気温がぐんぐんと上がり、今日も各地で最高気温の更新や5月の記録を次々と塗り変える日々が続いております。

外仕事を10年以上やってきてますがこの暑さは異常だと思います。

特に熱中症や火傷など皆さんも十分きをつけて下さいね!!

 

お陰様で連休前からHPを通して何軒かご連絡を頂いております。

有難う御座います。

 

その内の1軒で、「天井の古くなった蛍光灯の電気をLEDに替えるついでに天井も汚れているので塗装をしたい」というお問い合わせを頂きました。

天井のみということで他の部分をしっかりと養生をして、下地補修をして湿気を通す水性の透湿性塗料を施工させて頂きました。

まずは施工前です。

結構蜘蛛の巣やら汚れ、爆裂等がありました。

ちなみに「爆裂」とは、、、

施工当初はコンクリートの内部は強アルカリ性になっていて、鉄筋をサビから守っています。しかし年月とともにコンクリートの表面やヒビから空気中の二酸化炭素や雨水などが侵入した結果、徐々にアルカリ性から中性へと変化するのです。

中性化が進むと、内部の鉄筋が錆びて体積が膨張し、周りのコンクリートを押し出す現象が起こります。これが「爆裂」現象です。

 

続いて爆裂の下地補修です。

そして水性の透湿性塗料の塗装です。

施工完了です。

お客様からも「やっぱり塗ると綺麗になりますね。」というお言葉を頂きました。

 

天井が綺麗になると、今度は壁が気になってしまうようでいずれは全体を塗装していく必要がありそうです。

 

風もなく天気も良かったので、難なく施工完了させて頂きました。

短い間でしたが、お世話になり有難う御座いました。


相模原市緑区 新築工事

こんにちは!

井上塗装 代表井上 将司です。

10連休ももう終盤ですね。10日も休みがあると何をしたらいいか迷ってしまいますねw

年号も変わりましたし、連休とともにいい区切りにしてまた初心に戻ってフレッシュな気持ちで頑張りたいと思います。

 

最近はとても忙しくブログも書けていなかったのですが、少し前まで相模原の新築マンションで新築塗装をさせて頂きました。

他の職人さんに作ってもらった壁に模様をつけていくために

コンプレッサーという機械で塗料を『吹き付け』していきます。

天井も違う塗料で模様をつけます。

天井はこんな感じの仕上がりです。

外壁は模様をつけた後にローラーで転がして仕上げになります。

急遽GWまでに仕上げて欲しいとの事でしたので、建物の周り3方が駐車場の中雨にも負けず風にも負けずなんとか間に合いました。

 

お手伝い頂いた方々有難う御座いました。


杉並区 内装塗装工事

こんにちは!

井上塗装 代表井上 将司です。

 

だいぶ暖かくなってかなり日も伸びてきました。

来週ぐらいからお花見も始まってくるのではないでしょうか。

 

新しく塗装職人として求人から連絡をいただいて1人手伝ってもらっていたのですが、すぐに辞めてしまいました。その子の為に用意した作業着、道具等全て無駄になってしまいました。

様々な職業がある昨今、今の若い子には厳しい職種なのかもしれません。

なんせ、週6で5時起きなんて普通ですからね〜。

またいつかどこかでいいご縁があることを期待しています。

 

さて今回は最近流行りの民泊で貸している部屋のカウンターのニスが剥がれてシラっちゃけているので直して欲しいというお客様からのご要望です。

施工前はこんな感じでした。

まずは養生をして表面のニスを削っていきます。

そして下地にラックを一回塗って、油性ニスを3回塗りました。

仕上がりはこんな感じです。

お客様も大満足でした。

 

ニスはとにかく下地が大事でペーパーがけが大変です。

何事も手間と労力を惜しまないことが大切ですね。


八王子市 S様邸 屋根・外壁塗装工事

こんにちは!

井上塗装 代表の井上将司です。

 

少しずつ春を感じる季節になりました。

そして花粉の季節ですね!

外仕事で花粉症の人は本当に辛そうです(;ω;)

幸い自分は花粉症ではないので現場でシャキシャキ動いております。

 

最近は夜勤があったり、雨都合で日曜日も働いたりと年明けから飛ばし過ぎ!?ぐらいの感じで相変わらず全力疾走中でございます。

 

さて今回は先月の中頃に施工させて頂いたS様邸の屋根外壁塗装の様子です。

 

まずは屋根です。

そして、外壁ですが部屋の中も少しリノベーションをしたので冊子が正面だけ交換になり新規の窓がつきました。

その周りを左官やさんに平らにしてもらったので、壁に下塗りをして吹き付けをして模様をつけていきます。

最後に上塗りを2回塗って

完了です。

「いや〜、綺麗に仕上がってるねぇ〜」

と、自分で自分を褒めましたとさ、、、笑

 

バルコニーの防水工事はまた後日お届けします!


八王子市 M様邸 屋根・外壁塗装工事

新年、明けましておめでとうございます。

井上塗装 代表の井上将司です。

皆様、今年もよろしくお願い致します。

 

事例は去年の最後に施工させて頂いたM様邸。外壁がサイディングの「直張り」という事でしたので、匂いは出ますが油性の塗料を使わせて頂きました。

 

築20年で初めての塗り替えという事で、下地(シール等)から丁寧に施工させて頂きました。

 

サイディング自体は状態が良く、腐っていたり反っていたりしていなかったですが、「直張り」という事でしっかりと経過観察していこうと思います。

 

色はM様に選んでいただきとても良い色合いのお家になりました。

おうちも綺麗になって良い新年を迎えて頂けたのではないでしょうか。

M様、年末のお忙しい時にお世話になりました。

有難うございました。


12