日野市 Sマンション 外壁塗装

こんにちは!

井上塗装 代表の井上 将司です。

とうとう東京も梅雨に入り、先週末には夏至を迎えました。

早いもので1年の半分がもう終わってしまいますね。今年の前半線を振り返り後半戦に活かしていきたいと思う今日この頃です。

 

さて梅雨の時期は僕らのようなペンキ屋さんには辛い時期です。予定が狂ったり、急な雨によって塗ったペンキが流されたりなんて話も聞きます。この時期は無理は禁物ですね。

 

先日、タイルが剥がれたところの補修に行ってきました。

基本は新築の時に多めにタイルを焼いてもらい補修の時にそのタイルを使って補修するんですが、今回の場合、建物のほんの2平米くらいしかタイルの場所がなく補修もほんの少し部分だけでした。さらに、建物がかなり古く新築時のタイルが見当たらないということもありこの様な補修を選ばせて頂きました。

内容としましては左官屋さんにタイルっぽい下地を作ってもらい、その上からペンキで色をつけるという感じです。

 

まずは左官屋さんに作ってもらった下地です。

うまいですよね!この時点でもうタイルっぽいです。

そして施行中写真です。

そして、施工完了写真です。

もう何処を直したか分からないくらいになりました。

お客様にも満足して頂き良かったです。

 

たまにこんな仕事もしている、井上塗装でした。


一覧ページに戻る