八王子市 Nマンション 天井塗装

こんにちは!

井上塗装 代表の井上 将司です。

先週くらいから気温がぐんぐんと上がり、今日も各地で最高気温の更新や5月の記録を次々と塗り変える日々が続いております。

外仕事を10年以上やってきてますがこの暑さは異常だと思います。

特に熱中症や火傷など皆さんも十分きをつけて下さいね!!

 

お陰様で連休前からHPを通して何軒かご連絡を頂いております。

有難う御座います。

 

その内の1軒で、「天井の古くなった蛍光灯の電気をLEDに替えるついでに天井も汚れているので塗装をしたい」というお問い合わせを頂きました。

天井のみということで他の部分をしっかりと養生をして、下地補修をして湿気を通す水性の透湿性塗料を施工させて頂きました。

まずは施工前です。

結構蜘蛛の巣やら汚れ、爆裂等がありました。

ちなみに「爆裂」とは、、、

施工当初はコンクリートの内部は強アルカリ性になっていて、鉄筋をサビから守っています。しかし年月とともにコンクリートの表面やヒビから空気中の二酸化炭素や雨水などが侵入した結果、徐々にアルカリ性から中性へと変化するのです。

中性化が進むと、内部の鉄筋が錆びて体積が膨張し、周りのコンクリートを押し出す現象が起こります。これが「爆裂」現象です。

 

続いて爆裂の下地補修です。

そして水性の透湿性塗料の塗装です。

施工完了です。

お客様からも「やっぱり塗ると綺麗になりますね。」というお言葉を頂きました。

 

天井が綺麗になると、今度は壁が気になってしまうようでいずれは全体を塗装していく必要がありそうです。

 

風もなく天気も良かったので、難なく施工完了させて頂きました。

短い間でしたが、お世話になり有難う御座いました。


一覧ページに戻る